ITパスポート試験ナビ

バリューファンドとは?

バリューファンドとは、バリュー株に投資している投資信託のことです。

バリュー株に投資しているファンドのことをバリューファンドといいますが、バリュー株とはそもそも、割安株という意味になります。

割安株とは、発行している会社の収益力や財務の内容、資産の価値などを見た時に、割安だと思われる株のことをいいます。

誰が、その株を割安であると決めるのかというと、株式の配当利回りを見たり、株価収益率を見たり、株価純資産倍率などの数字を見て決めていきます。

それだけでなく過去の推移、比較できる他の会社の株の基準値などと比べて割安であるかどうかを調べていきます。

バリューファンドはこのような割安株だけを組み込んで作りますから、場合によっては、割安株ファンドという名前で呼ばれています。

バリューファンドは、1980年代以降に盛んに行われていたスタイル投資で、グロース株投資と比較される考え方として、今に至っています。

今までの実績を見ると、バリューファンドとグロースファンドはそれぞれお互い違うパフォーマンスをあげているために上手にスタイルを乗り換えることができれば、長い間高いパフォーマンスをあげることができます。

なぜこの二つは反するパフォーマンスをあげられるのかというと、片方が値上がりしていればもう一つは値下がりしているためです。

スタイルが入れ替わる時の見極めというのはとても難しいのでバリューファンドを考える際には注意しましょう。