ITパスポート試験ナビ

結婚適齢期男性

今はまだ仕事が楽しくて・・・、結婚はもっと遊んでから・・・。

いろいろと考えたり思ったりすることがあって、周りの親兄弟などの親戚や友人が「そろそろ身を固めたら?」と口にしても、結婚するということにあまりピンとこない。

なぜ結婚しなきゃいけないのか理由がよくわからない。

今、そんなことを口にする独身男性が増えています。

確かに、あなたの身の回りでも40代でもまだ独身、という男性がたくさんいるのではないでしょうか。

多様化が認められるようになった現代社会では、特に男性における結婚適齢期と言われる年齢層は、もう存在しないのかもしれませんね。

しかしさまざまなアンケート結果などによると、男性の結婚適齢期は25〜40歳と考えている人が多いのだそうです。

社会に出て仕事に就き、ある程度落ち着いて働けて収入も安定してきた20代半ばから、重要な仕事を任され頼られる存在になる40歳というのは、確かに社会的に見て男性の結婚適齢期と言えるのかもしれません。

また結婚の際、男性には安定した収入が求められるもの。

別の視点から見ると、妻との間に生まれた子供が成長していく過程の中で、自分が現役で働いてしっかりとした収入があるうちに、立派に成人させられるかどうかという計算が成り立つ年齢が、男性の結婚適齢期だと言うこともできます。

結婚適齢期は自分で決めるもの、そう考えている男性の皆さん。

今述べたような考え方で適齢期を決める方法もあるのだということも覚えておくとよいかもしれませんよ。