ITパスポート試験ナビ

シングルセルって何?

シングルセルとは「シングルレベルセル」の略称で、初期のフラッシュメモリーの規格(1セルあたりのbit数が1bitのもの)です。

容量を大きくするために近年では「マルチレベルセル」という新しいタイプのフラッシュメモリーが開発され、シングルセルはその市場を徐々に縮小しつつあります。

ただし、書き込みの可能回数や読み出しの速度はシングルセルの方が優れており、いまだに相当数のユーザーがシングルセルを使用しているといわれています。

現在のところ、PCの記憶装置としてはHDDが主流ですが、徐々にフラッシュメモリー型のSSD(Solid State Drive)にユーザーがシフトしつつあります。

シングルセルも含め、フラッシュメモリーはデータの転送速度でHDDに劣りますが、最新のSSDの中には多並列動作の技術を用いることによってHDDと同等以上の速度性能を確保しているものもあります。

さらに書き込み回数についても、ウェアレベリング(書き込みをする個所を分散し特定個所の劣化を防ぐ技術)やキャッシュメモリを搭載することにより、耐久性性能の向上に成功しています。

シングルセルやマルチセルに代表されるフラッシュメモリには、記憶装置としていくつかのメリットが存在します。

例えばSSDは、モーターを始めとした物理稼動部分がないため、HDDに比べて動作音が格段に静になります。

また、軽量である上に消費電力も低く、PCのコスト削減にも一役買っています。

現在のところまだ容量の面でHDDには劣りますが、今後の技術革新でこの問題もクリアすると考えられています。