ITパスポート試験ナビ

ハーブサプリって何?

健康志向の高い方に人気なのがハーブ系のサプリメントです。

ハーブについては昔から家庭用の治療薬(民間薬草)として用いられているものも少なくないので、漢方薬とサプリメントの中間に位置する商品として認識されている方が多いようです。

例えばオトギリソウ(弟切草)は、代表的なハーブサプリメントのひとつに数えられます。

日本では古くから、焼酎につけたオトギリソウを傷口に塗って消毒をする民間療法が行なわれていました。

また、乾燥させたオトギリソウを煎じて飲む習慣も全国的に存在したようです。

最近では民間薬として利用する機会はほとんどありませんが、西洋名の「セントジョーンズワート」というハーブとしては広く用いられています。

ストレス解消のためのサプリメントとして有名で、 様々なサプリメントに採用されています。

一般にハーブというと料理のイメージが強いですが、ハーブ系サプリメントはその有効成分を濃縮した商品になります。

とはいえあくまで天然成分なので、副作用の心配はほとんどありません。

その代わり薬のような即効性もないので、その点は注意してください。

やはり習慣として長期的に摂取することで効果を実感できる場合が多いようです。

尚、薬を飲まれている方は、一部のハーブ系サプリメントを利用する場合において、その組み合わせに注意が必要です。

心配のある場合には、念のため医師に相談してみると良いでしょう。

ただし、ハーブはあくまで食品として扱われるものが大半ですから、副作用について過剰な心配をする必要はありません。