ITパスポート試験ナビ

足の臭いの原因は?

足の臭いの原因はエクリン腺、汗のでる穴が原因といわれています。

足の裏、というのは、皆さんお気づきにならないかもしれませんが、非常に汗をかきやすい部分なのです。

ただ汗をかいたからといって、臭いが出る・・・というわけじゃありません。

汗をかいても、顔とかそんなに臭いが出ることはないですよね? ではなぜ足の臭いというのは臭くなるのか?それは、エクリン腺から出た汗に雑菌がついて、汗の中の有機物を分解するから臭いが発生してしまうのです。

足の裏や足の爪というのは、どうしても雑菌が付きやすい部分です。

足のエクリン腺が多く汗の分泌が多い場所で、しかも雑菌にさらされているのですから、誰でも、足というのは臭いが出る場所なんですね。

足は靴に包まれていることが多いです。

裸足で、サンダルなどを履き、露出されている状態の時には、足って臭さを感じないでしょう?けれど皮靴とか運動靴を長く履いていて、足が包まれた状態になっているとき、足の臭いが気になることが多い、包まれている状態が高温多湿の状態を作りやすく、雑菌が汗を分解する絶好の温床となってしまうのです。

足の臭いの原因は、足の裏に汗をかくことが根本的な原因となりますが、その方が食べるものによっても臭いが左右されることがあります。

やはり、肉食、脂質の多い食べ物というのは、エクリン腺から出る汗の質を雑菌が大好きな状態にしてしまうので有機物がどんどん分解され、臭いが強くなってしまうのです。